音楽 その98

 

今回紹介の音楽はP・O・Dというバンドのアコースティックアルバム

『SoCal Sessions』です。

 

SoCal は、サザンあるいはサウス、カリフォルニアの略でしょうな。

 

とにかくメキシコにほど近いサンディエゴ出身のバンドらしくミクスチャーロックバンドの中でもラテン系ミュージックの雰囲気が強めなので、こういうアコースティック調に曲をアレンジしてくれるとこの季節にピッタリなアルバムに仕上がります。

 

暑い昼間に一杯やりながら、夕涼みに、海辺でと夏を感じさせてくれます。

 

個人的にバンドの曲に好き嫌いってあると思いますが、このジャケット見たら中身も確認せずに買っちゃいますわ。

 

で、あれもこれも入れてくれたら、、、は、ありましたが、もともとの曲がそれほど好きじゃなかったものまでカッコよくなってたりするので、試してみて下さい!

 

 

 

| 音楽 | 03:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
音楽 その97

 

今回は梅雨時の夜中に時々聴きたくなる1枚

 

映画アンダーワールドのオリジナル・サウンドトラックです。

 

ケイト・ベッキンセール主演のヴァンパイア・アクション映画シリーズの1作目のサントラです。

 

もう10年以上前の作品なので、映画自体は面白かったので劇場で見ましたが、シリーズ全部は追いかけられてません。

 

しかし、1作目冒頭の雨の夜のスタートが、独特な世界観がありこのサントラとリンクしてしまいます。

 

雨で肌寒さを感じる季節の夜中に心を静める役目あり、あるいは疲れをいやした後パワーを呼び起こしてくれそうな激しいロックありの展開がトータルでいい感じに仕上がっていて、いまだに結構聴いてしまいます。

 

映画用にリミックスされた曲やこのアルバムだけの豪華ミュージシャンの共演なども聴きどころです。

 

Bring Me The Disco King

 

David Bowie の原曲をリミックスしたものですが、とにかくカッコイイんです。

この1曲でこのアルバムを買う価値ありくらいの名曲に仕上がってます。

 

心静まりつつ、癒されつつ、パワーも沸いてくる。そんな名曲です。

 

Week  and Powerless

 

A Perfect Circle というバンドの曲でこちらもリミックスですが、よりロックになっていて、原曲のおどろおどろしい感じを敢えて映画の雰囲気と離して激しめに来てますが、それがまた静かに力を溜めてる感じでいいです。

 

Worms Of The Earth

 

Finchというバンドの曲です。当時流行ったタイプの曲調ですが、短めにいいアクセントになってます。

個人的には、一発屋的イメージでしたが、今回このブログを書くにあたり調べてみると2014年にもアルバムをリリースしてたのとのことで、こういうサントラで出会ったいい曲からそのバンドを聴きこむなんてのもいいですね。

 

今これを書いてるのが、雨の深夜という、ピタリな感覚です。

 

 

 

 

| 音楽 | 02:47 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
音楽 その96

 

本日紹介の音楽は、昨年発売のアルバム。

 

モンスターバンド:Metallicaの

 

『HARDWIRED...TO SELF-DESTRUCT』です。

 

6分越えのハードロックのオンパレードで全12曲ながら2枚組なったという、らしい1枚というこのアルバム。

 

1枚目の ↓曲目だけを延々と聴いてしまいそうな名曲揃いです。

 

テンション上げたいスポーツの試合前なんかにオススメ。

 

オススメのお気に入り曲

 

Atlas, Rise!

 

そしてグラミーでレディー・ガガとのパフォーマンスが話題になった。

 

Moth Into Flame

 

できれば、レディー・ガガとのパフォーマンスも動画サイトにUPされてるので探してみて下さい。

新たなファン層が増えそうなパフォーマンスです。音声トラブルが話題になったものの、補正された動画なんかも上がってます。

 

この2曲で気分は十二分に高まりますが、えらい時間が過ぎてるので注意です(笑)。

 

ちなみに元ヤンキースのマリアノ・リベラの登場曲としても楽曲が使用されたメタリカですが、リベラの引退試合が組まれたシリーズでは、ヤンキースタジアムで演奏したり、サンフランシスコ出身ということでジャイアンツとコラボグッズや試合前のライブを開催したりと野球と縁深いところもファンとしては嬉しくなります。

 

アメリカは、日本と違って訳のわからないアイドルや芸能人の始球式でなく、過去のスター選手や球界の歴史に関わる人物の始球式で威厳があるなんていう識者の意見もありますが、アメリカでも普通に有名人の始球式はあります。もちろん球界関連の始球式のほうが野球ファンは嬉しいですが、違う世界の著名人の始球式も新たなファン獲得に一役かってると思います。

 

 

なんとドラムのラーズ・ウーリッヒが始球式に登場したシーンが、野球カード化されているという、、

 

話がそれましたが、野球と音楽のつながりも楽しいものです。

 

 

| 音楽 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
音楽 その95

あっという間にWBCも終わり、春の甲子園、そして野球シーズン開幕ですね。

 

今回紹介の音楽は、点火プラグのようにテンションをあげてくれるロックです。

 

 

SHINEDOWNというバンドのアルバム『Threat To Survival』から

 

Cut The Cord

 

若干オープニングでドナドナ思い出すなんてことないよね?

 

ガッチリのボーカルが所狭しとパワフルに声を張り上げ動き回る迫力がいいですね。

 

そして試合前のスイッチオンに最適な

 

 State Of My Head

 

 

そして、過去のアルバム『Leave a Whisper』に戻って

 

スポーツの後のクールダウンに最適な

 

Simple Man

 

実は、音楽その85で紹介したアルバムで気になったバンドでしたが、

この曲を偶然聴いて、これはイイと過去のアルバムに戻ってみました。

 

何故かCDかけるなりFly From The Inside が知ってると。。。

 

実は10年以上前にやり込んだTVゲームEAスポーツのMLBのゲームで使用されていたという驚き。。

 

そしてロックンロール、ネバーダイの姿勢がいいじゃないですか!

 

ここで一気に親近感で他のアルバムも聴き始め、、、

 

 

『Amaryllis』からは、今になってプロモ映像化の

 

I'll Follow You

 

盛り上げれる、パワフルながら聴かせる。

 

スタートの季節にオススメです。

 

 

 

| 音楽 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
音楽 その94

 

本日は、なぜか無性に聴きたくなった20年ほど前に筋トレしながら聴いてた名曲。

 

BAD RELIGION と言うバンドのGray Raceというアルバムから

Punk Rock Song という1曲です。

 

まだスカパーとか入りたての頃、このプロモ映像を見て、なんて渋いオッサンなんだよ。

と思い、聴きまくった記憶があります。

 

 

さらにこちらのオール・エイジス(日本盤)に収録の

 

American Jesus この2曲で盛り上がれないわけがないという、、

 

しかし、筋トレに聴くとオーバーワーク気味になるので、軽い負荷の物で行ってください。

 

シンプルに短い時間で、、、だけどカッコイイ。

 

紹介でした。

 

| 音楽 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
音楽 その93

 

本日は、夏の終わり、少し涼しいときや静かになった時間帯にしみるメロウな感じの曲を紹介したいと思います。

もともとは激しめのロックバンドのアルバムからの紹介なので、全編こんな感じと言うより、こんな一面もあるバンドということで、最近聴くネタないし、ちょっと聴いてみようかくらいで聴いてもらえれば、他のアルバムも聴いてみたくなるかもですよ。

 

まずは、Fuel というバンドのSomething Like Human というアルバムです。

 

20年近く前の作品だと思いますが、当時の流行り丸出しの感じのボーカルが放つベタな感じともいえる曲ですが、なぜかいまだに無性に聴きたい時があるんです。

 

Hemorrhage(In My Head)

 

Bad Day

 

Innocent

 

スポーツの後のクールダウンに良さそうですが、勝利の心地よい余韻と言うよりは、中止や負けの苦いイメージ合う感じかもですが、、、

 

 

次は10年ほど前に時を戻して、、、

 

 

Stone Sour と言うバンドのCome What (ever ) Mayというアルバムより

 

Through glass

 

プロモ映像にあるように、夕暮れが似合うような曲ですね。

 

 

最後は、更に時間を進めて昨年にリリースされた

 

 

Papa Roach というバンドのF.E.A.R.というアルバムから

 

Gravity

 

一昔前によく使われたラップロックと女性ボーカルコラボという感じですが、こういうのはついつい聴き入ってしまいます。

 

夏の終わりが近づき寂しい感じがするものの、このくらいの季節が一番好きだなぁ。

 

ちょっとまったり系の音楽が続きましたが、アルバムトータルで聴けば、バリバリのパワーロックもあるのでしんみりとはさせませんよ。

 

秋の夜長に是非!

 

 

 

 

 

| 音楽 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
音楽 その92

 

久し振りの音楽紹介は、今の季節にぴったりの1曲。

 

Red Hot Chili Peppers のアルバム By The Way からの1曲です。

 

現在ニューアルバムをリリースしたばかりの彼らですが、まだ手にしていない上にすごく前のアルバムですが、いまだに時々無性に聴きたくなるアルバムです。

 

オススメは Dosed

 

夏の夕暮れ、海辺、ビールあるいはドライブなど夕涼みをするのに最適な一曲です。

 

ちなみに結構テンション上がる曲も多く can't Stop なんかは運動中のBGMにも持って来い。

グランドに向かう車でなんて聴くといいプレーできそうです!

 

新譜を買いに行く暇がないと思いきや、最近やたらと聴いております。

 

 

 

| 音楽 | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
音楽 その91


久し振りの音楽紹介は、ちょっと古いですが、この時期にピッタリ合いそうな
一枚 Orange County というコメディー映画のサントラです。

いつも温暖なカリフォルニアを舞台にした映画ですが、春先の何かが始まるワクワク感と新たな旅立ちを控え、今までの生活に別れを告げるような切なさの入り混じった雰囲気を感じられるサントラです。

ドライブの相棒に持って来いかと思います。

オススメは

 The One      Foo Fighters

Stick 'Em Up      Quarashi

California     Phantom Planet


とくには、ロングドライブに時々無性に聴きたくなる一曲です。

これら以外にも非常に聴きやすく楽しめると思います。

サクッと春のオススメ1枚の紹介でした。




 
| 音楽 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
音楽 その90


本日紹介するのは、先日48歳という若さで急逝したボーカリスト
scott weiland が率いたバンドの名曲たちです。

まずは、彼が世に出たバンド stone temple pilots のファーストアルバム『core』から

crackerman

拡声器を使ったボーカルパフォーマンスを初めて見たのが彼でとにかくカッコイイ!
軽快なロックナンバーは、スポーツシーンのハイライト映像にもぴったりです。




続いてアルバム『purple』より
最も個人的に好きな曲

unglued

この曲もESPNのスポーツニュースでハイライト映像ののバックで流れまくってましたが、ドライブの最中に流れるとぴったりな曲でもあります。

kitchenwere&candybar

これが、stone temple pilots のscott の真骨頂ともいえる曲調で、バス移動の夜の高速なんかで流れる夜景をバックにぼんやり一日の疲れを癒し、これからに想いを馳せるような気分になる名曲です。。アルバムには少しブランクを置いておまけの曲が隠れていてこれがまた渋いんです。



次は、自分が最も聴きこんだアルバム『No.4』から
Down
Sour girl

といいシングル曲もありますが、個人的な一押し曲は、
これまたロングドライブ、とりわけアメリカを彷彿とさせるだだっ広い大きな道を走らせたい名曲

Atlanta

まだまだ紹介したい曲もありますが、、



元Guns N' Roses のメンバーと組んだロックバンド
Velvet Revolverのアルバム『contraband』より

Fall To Pieces

元々いくつかのバンドを薬物の影響で離れざるをえなかったscott の生き様そのままのプロモ映像ですが、今見ると切なくもなる曲です。しかしこちらも一日の振り返りにソファやベッドにどっかり沈んで聴きたい曲です。

最後は、やはり明るく勢いとノリのある曲で、、、

Dirty Little Thing

疾走感と切なさと緩急の使い分けが最高のボーカルでした。
ソロ活動でも名曲がありますが、今回亡くなったことで皮肉にも自分も知らなかったソロ活動がありました。
故人を偲んで、また聴かせてもらいたいと思います。
新曲が出ないのが寂しいですが、、さらばスコット・ウェイランド!

アンコールは、最初のソロアルバムからのカッコイイ泣けるパフォーマンスを

Barbarella


Rest In Peace !









 
| 音楽 | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
音楽 その89


久し振りの音楽の紹介。

最近エライ迫力のジャケ紹介が多いですが、ちょっと夏の終わりも近付いていますが、納涼モードでホラー風な音楽でも聴いて
涼しく気分も盛り上げたい。

ってことで、Rob Zombie のベストアルバム『past,present,future』です。
彼がフロントマンを務めたバンドWhite Zombie 時代の楽曲も含めたお得アルバム。
ホラー映画の監督も務めるこの方のB級ド真ん中という雰囲気がたまりません。

オススメはsuper charger heaven
superbeast
feel so numb


全部一緒に聴こえるって??
いいんです!



せっかくなんでもう一丁。おどろおどろしい一枚を。。。

Marilyn Manson のアルバム『The Pale Emperor』

以前紹介したアルバムよりダークなまったり感ありますが、ちょっと涼しい夜やエアコン聴かせた夜のドライブなんかに最適ではないかと思う一枚です。

オススメは断然Deep Six

ついでにPV化されたThe Mephistopheles Of Los Angles
聴けば聴くほど渋く感じます。。。

あんまりPV見すぎると夢見そうですが、涼しい夏の夜に是非!






 
| 音楽 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE