<< 音楽 その98 | main | 二刀流 その6 >>
本 その177

 

本日紹介する本は、ハーパー・コリンズより出版の

ジェフ・パッサン著『豪腕 使い捨てされる15億ドルの商品』です。

 

表紙になっている写真は、投手の肘の傷跡。

 

野球界における肘の故障について、じん帯を修復するトミー・ジョ手術についての現状、選手のサラリーが高騰する中、肘を痛めることを予防するためにコストを割かないプロ球団、新たな肘の治療法や化学的トレーニングによる予防への取り組みなどを紹介。それでも年々トミー・ジョン手術が増加し、手術を行う相手が低年齢化している現状であったりといういろいろな角度から今の肘の故障と野球界とのつながりをまとめた一冊です。

 

 

アメリカのスポーツジャーナリストが書いた野球と故障とのストーリーは、日本の高校野球へも取材を行ったかなりのボリュームで、日本の学生が投げ込みで肘を痛めるという過去から指摘されていたことの真意を探ったり、アメリカの若者がアマチュア時代にトミー・ジョン手術を受けるケースが増えている現状など、今まであまりファンも認識していなかった故障についての情報がたくさん出てきます。

 

 

そしてそれらを専門用語や専門家の話だけでなく、実際にトミー・ジョン手術を受けた投手の復活に向けた動きの密着取材も盛り込みつつ、ストーリーが進みます。

 

 

主役はダイヤモンドバックスのエース格になる存在だったダニエル・ハドソン投手。

トミー・ジョン手術からの復活へのトレーニングやリハビリ、選手の感情や家族のサポートなど長い復活までの道のりの大変さが身に染みてわかります。

 

回復のリハビリ中にもう一度肘のじん帯を断裂するという復活までに2度のトミー・ジョン手術をしたという苦難のストーリーは並みの精神力では乗り切れないだろう激動のものでした。

 

 

そんな中、リハビリ担当コーチのブラッド・アーンズバーグが登場するのですが、肘の故障を経験した元メジャーリーガーだったそうで、調べてみると、レンジャースでライアンの通算300勝の試合でセーブを挙げているとか台湾でもプレーしたとか、投手コーチとしてマーリンズ初の世界一を経験しているなど、新たなメジャーリーガーを後で知る機会になったり、、、

 

 

トミー・ジョン手術の2度行って復活を果たした投手として一番活躍したとされるのが、ファンには渋い中継ぎのスペシャリストで、ダルビッシュ投手のレンジャースでの投手コーチだったダグ・ブロケイルだったという発見もありました。

 

そしてもう一人の主役に

 

 

中継ぎ右腕としてレッズやブリュワーズで活躍したトッド・コフィー投手です。

 

かなり昔に当ブログでも紹介したお気に入りの投手ですが、無名の投手からメジャーまで這い上がった根性とベテランにしてトミー・ジョン手術からのメジャー復帰を狙う異色のストーリーは、豪快でタフなプロ野球選手をここまで消耗させるのかと思わせてくれる厳しくも切ない現実を味わうことになりますが、時々に見せるコフィーの天然ぶりの発言が暗めのストーリーをスリリングに楽しくもしてくれます。

 

その他、肘を故障しない鉄腕として評価されながら年齢から大型の契約を結ぶと故障があるかもという不安の中でFA争奪戦になった

 

 

 

ジョン・レスター投手(現カブス)の契約ストーリー。

 

 

 

そして肘を故障せず無理な投げ方なく投手を極める可能性のある新たな科学的トレーニングを実践し、その効果を証明するため、メジャーでの活躍を目指す投手として

 

 

トレバー・バウアー投手も登場するストーリーは、文字通り新たな可能性を感じさせてくれました。

 

またトミー・ジョンの息子が提唱する新治療法やいろいろな有識者が建てた肘を壊さないフォームやトレーニングなど、日々新たな可能性が生まれつつ、それでもそれを完璧にさせてくれないくらいどんなケースにも起こる故障リスクがあるのだと感じました。

 

購入を迷いさっと手に取ったなら最後の数ページに書かれた

 

 

元メジャーリーガー・斎藤隆さんの解説を読めば、本書の興味深さがわかるかと思います。

 

とにかく新たな発見が多い、投手の故障の世界の最新情報という感じですね。

 

個人的には、夏野球、冬フットボールなんて子供が減り、年間通して子供が野球だけをしている事情が最近のアメリカではあること。

 

また未開の土地で発掘しスカウトした逸材がいるというのも今は昔、今や全国の子供たちを年代別に一か所のプログラムで集結させショーケース的大会を行いスカウトが評価、アマチュアから子供たちがランキング化され、親も巻き込んで将来のスターにすべくシステムができあがって故障の低年齢化を助長しているなどという、いろいろな事情を知れるいい機会になる一冊でした。

 

日本球界にもかなり触れてますので野球ファンのかたは必読クラスのオススメ本です。

 

 

また日米でいまだメジャー、1軍で活躍していない登場選手もいるので、ファンは読んだ後に彼らをフォローするのも楽しいかもしれませんよ。

 

 

| | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
スポンサーサイト
| - | 23:57 | - | - | ↑TOP -
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bb4l.jugem.jp/trackback/1560
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE